やってみよう!Pose Space Deformation(PSD)

MayaのPose Editorを使ってのPose Space Deformationについて解説してみました。

Pose Space Deformationは何か?をざっくり説明すると、
ある特定のポーズになった時にある特定のモーフターゲットに変形させるような機能です。

管理人がYouTubeで解説!

Pose Space Deformationの実例

God of Warのキャラクターリグの講演ですね。こちらの51分35秒辺りにPSDの解説があります。
ここでは作ったモーフィングターゲットや補助骨を何で動かすか?という話がメインかもしれません。

何で動かすか?というのはRBF(Radial Basis Function)と呼ばれるものや、ピタゴラスの定理といったもので
モーフィングや補助骨を動かしている…ということです。

私のYouTube解説の中でも話しましたが、Mayaに入っているPose Interporatorノードだと直感的ではないし違和感があります。
本格的なPSDをするのであれば、RBFや他の機能で代替することを検討するのも良いでしょう。

PSDのドライバーとしてはryusas氏のRotation Driverがオススメですよ。

まとめ

YouTube解説でも話しましたが、
UE5の古代の谷のキャラクターにはPSDのモーフターゲットが94個程度入っていました

AAAタイトルというか、ハイエンドタイトルにおいてPSDは必須になっていくでしょう。
キャラクターを作る場合は、スキンウェイト+PSDのワークフローに慣れておいた方が良さそうですね。

それでは!

関連記事

  1. Maya Python API 2.0 入門編『最近接頂点の取得』

    2021-05-06

  2. 【Patreon限定】三平方の定理を利用したSticky Lipsリグのサンプル配布

    2021-02-08

  3. 処理の前後に別の処理を挟む?デコレータとWith文

    2021-01-09

  4. アーティストのためのMaya Python入門 番外編「可変長引数の基本とMayaでの使い方について」

    2020-11-17

コメントをお待ちしています。

コメント

ABOUT

テクニカルアーティストの為のまとめサイトです。

本サイトでは、『YouTube ✕ Blog』を中心に
情報発信をしていきます。

また、テクニカルアーティストとしての様々な
ライフハック記事も投稿予定です。

限定情報会員

PATREONでは、限定情報やサンプルファイルの配布も行っています。登録頂けると更新頑張れます。支援の方よろしくお願いします。


免責事項

本ウェブサイト内で公開している全ての情報の有用性や安全性については当方は一切の保証を与えるものではありません。
利用したことによって引き起こる直接および間接的な損害に対して当方は一切責任を負うものではありません。
全て自己責任でご使用ください。

3DCGBOOK出版

BOOTHで技術書を販売利しております。







スポンサー

ページ上部へ戻る