ShaderFXをはじめよう!塗り(ピクセルシェーダー)編

Maya ShaderFXの使い方を紹介しました。
作例としてプロシージャルな水玉模様を作ってみました。
また時間を利用したアニメーションや頂点カラーを使っての調整方法も紹介しました。

Mayaでもノードベースでシェーダーが開発できますよ!
是非触ってみてくださいね。

管理人がYouTubeで解説!

中央からドットがアニメーションするグラフサンプル

参考書籍

ShaderFXそのものには本はありません。
ただ、だいたいノードベースのシェーダーエディターで行うことはどのアプリでもほぼ同じです。

その中でも一番わかり易いのは以下の書籍です。
UE4で実際にノードを組んだ後にShaderFXでも組んでみると理解が深まりますよ!

関連記事

  1. MayaからFBXの自動出力をPythonで書いてみる。

    2022-01-25

  2. 裏ラティス!リガーのためのLatticeデフォーマの使い方を解説します。

    2020-10-27

  3. GDC2018の講演から学ぶ『Horizon Zero Dawn』四足動物の後ろ足IK

    2021-01-04

  4. 回転を曲げ・捻りに分解するメリットと方法の解説

    2021-10-11

コメントをお待ちしています。

コメント

ABOUT

テクニカルアーティストの為のまとめサイトです。

本サイトでは、『YouTube ✕ Blog』を中心に
情報発信をしていきます。

また、テクニカルアーティストとしての様々な
ライフハック記事も投稿予定です。

限定情報会員

PATREONでは、限定情報やサンプルファイルの配布も行っています。登録頂けると更新頑張れます。支援の方よろしくお願いします。


免責事項

本ウェブサイト内で公開している全ての情報の有用性や安全性については当方は一切の保証を与えるものではありません。
利用したことによって引き起こる直接および間接的な損害に対して当方は一切責任を負うものではありません。
全て自己責任でご使用ください。

3DCGBOOK出版

BOOTHで技術書を販売利しております。







スポンサー

ページ上部へ戻る