アーティストのためのMaya Python入門 番外編「可変長引数の基本とMayaでの使い方について」

動画のトピックス

番外編として、可変長引数なるものを紹介します。
可変長引数って何?ってところからMayaでの利用方法について淡々と説明します。

動画で作ったサンプルコード

from maya import cmds

# 可変長引数の基本
def hoge(*args):
    sum = 0
    for i in args:
        sum = sum + i
    print(sum)

# 可変長引数の基本(辞書)    
def hoge_dict(**kwargs):
    print(kwargs)

# *argsの例
translate = cmds.getAttr("pSphere1.translate")[0]
cmds.setAttr("pSphere2.translate", *translate)

# **kwargsの例
options = {"selection":True, "dag":True}
cmds.ls(**options)
options["type"] = "transform"
cmds.ls(**options)

def myListRelatives(type="children"):
    options = {
        "children":{"children":True},
        "parent":{"parent":True},
        "shapes":{"shapes":True}
    }
    return cmds.listRelatives(**options[type]) or []

Pythonのおすすめ書籍

関連記事

  1. 【Patreon限定】三平方の定理を利用したSticky Lipsリグのサンプル配布

    2021-02-08

  2. 基本のFKとIKをブレンドするリグを作ってみよう!

    2021-01-14

  3. お手軽!アニメーションリターゲット!

    2020-12-14

  4. アーティストのためのMaya Python入門 第3回「getAttrコマンドを使って、値をゲットしよう!」

    2020-10-01

コメントをお待ちしています。

コメント

ABOUT

テクニカルアーティストの為のまとめサイトです。

本サイトでは、『YouTube ✕ Blog』を中心に
情報発信をしていきます。

また、テクニカルアーティストとしての様々な
ライフハック記事も投稿予定です。

限定情報会員

PATREONでは、限定情報やサンプルファイルの配布も行っています。登録頂けると更新頑張れます。支援の方よろしくお願いします。


免責事項

本ウェブサイト内で公開している全ての情報の有用性や安全性については当方は一切の保証を与えるものではありません。
利用したことによって引き起こる直接および間接的な損害に対して当方は一切責任を負うものではありません。
全て自己責任でご使用ください。

3DCGBOOK出版

BOOTHで技術書を販売利しております。







スポンサー

ページ上部へ戻る