機械学習デフォーマ(ML Deformer)を使ってみよう!

UE5で利用できる機械学習(ML Deformer)の利用方法と応用を紹介しました。

今回はもりだくさんな内容です。
MayaでPose Space Deformationを行い、UE5でControl Rigを作り、 ML Deformerを動かすまで行いました。

公式ドキュメントと併せて見るとより理解が深までしょう。

本手法では以下のバージョンを利用しています。
・Autodesk Maya 2020
・Unreal Engine 5.0.3

管理人がYouTubeで解説!

https://www.youtube.com/watch?v=lEAG7lvWfZw

補足:プロジェクト設定のDefault RHIの変更が必要!

公式ドキュメントに書かれていないかもしれません。
こちらDefault RHIを「DirectX 12」にしないと機能しなかったので、DirectX12にしてテストしましょう。

関連動画

関連記事

  1. レイキャストを使った目線リグの作り方

    2021-12-18

  2. 処理の前後に別の処理を挟む?デコレータとWith文

    2021-01-09

  3. 『God of War』から学ぶ”三平方の定理”

    2021-01-05

  4. UE4.26のコントロールリグのマネキン のサンプルを解説<Forwards Solve編>

    2021-01-20

コメントをお待ちしています。

コメント

ABOUT

テクニカルアーティストの為のまとめサイトです。

本サイトでは、『YouTube ✕ Blog』を中心に
情報発信をしていきます。

また、テクニカルアーティストとしての様々な
ライフハック記事も投稿予定です。

限定情報会員

PATREONでは、限定情報やサンプルファイルの配布も行っています。登録頂けると更新頑張れます。支援の方よろしくお願いします。


免責事項

本ウェブサイト内で公開している全ての情報の有用性や安全性については当方は一切の保証を与えるものではありません。
利用したことによって引き起こる直接および間接的な損害に対して当方は一切責任を負うものではありません。
全て自己責任でご使用ください。

3DCGBOOK出版

BOOTHで技術書を販売利しております。







スポンサー

ページ上部へ戻る