Texture Cell Bombing: The Matrix Awakensでの一歩進んだタイリング技術

デジタルアートやゲーム開発の世界では、繰り返しパターンのないシームレスなテクスチャを実現することが常に課題となってきました。
通常のタイリング手法(Texcoordに単純な掛け算を用いる)は、その限界があります。
しかし、Texture Cell Bombingという革新的な技術が、『The Matrix Awakens』で注目されています。

Texture Cell Bombingの可能性を探り、デジタルアートの新しいレベルを体験しましょう!

管理人がYouTubeで解説!

Texture Cell Bombingとは?

Texture Cell Bombingは、ボロノイテクスチャを利用して、目に見えるタイリング効果を大幅に軽減する技術です。
ボロノイテクスチャは、有機的なセル状の構造を作り出し、表面全体にシームレスにブレンドされます。
この手法は、視覚的な魅力を高めるだけでなく、計算負荷も低く抑えることができるため、リアルタイムアプリケーションに最適です。

なぜTexture Cell Bombingを選ぶべきか?

  1. タイリング効果の軽減:
    従来の手法では、繰り返しパターンが目立ち、テクスチャのリアリズムが損なわれることが多いです。Texture Cell Bombingはこの問題を軽減し、より自然で多様な外観を提供します。
  2. 高いパフォーマンス効率:
    高度な出力にもかかわらず、Texture Cell Bombingは計算負荷が低く設計されています。この品質とパフォーマンスのバランスは、インタラクティブな環境でスムーズな体験を維持するために重要です。
  3. リアリズムの向上
    テクスチャパターンにランダム性と予測不能性を導入することで、
    この技術はデジタルシーンにより高いリアリズムをもたらし、没入感と魅力を高めます。

一歩先のタイリング技術で作品の質を向上

Texture Cell Bombingをワークフローに取り入れることで、プロジェクトの質を大幅に向上させることができます。
従来の手法を超え、こうした先進的な技術を採用することで、他と一線を画す優れた視覚体験を提供できます。

マテリアルエディタの抜粋

グローバル(全体)をスケーリング

ベースとなるテクスチャのスケール設定

ボロノイテクスチャの取得と要素をどう使うか?の選定

ボロノイを使ってのランダムスケール

ボロノイを使ってのランダムオフセット(移動)

ボロノイを使ってのランダムな回転と最終的なボロノイセルのUVを出力

パターンUVとボロノイセルのUVを使って2つのテクスチャをコンポジットして完成

おすすめ書籍

参考動画

関連記事

  1. 『God of War』から学ぶ”三平方の定理”

    2021-01-05

  2. 単眼深度推定とは?様々なモデルの紹介とUnreal Engine 5で使ってみた!

    2024-04-03

  3. Maya Bifrostでプロシージャルリギング

    2024-03-27

  4. Jenkinsの使い方・環境構築

    2022-10-24

コメントをお待ちしています。

コメント

ABOUT

テクニカルアーティストの為のまとめサイトです。

本サイトでは、『YouTube ✕ Blog』を中心に
情報発信をしていきます。

また、テクニカルアーティストとしての様々な
ライフハック記事も投稿予定です。

限定情報会員

PATREONでは、限定情報やサンプルファイルの配布も行っています。登録頂けると更新頑張れます。支援の方よろしくお願いします。


免責事項

本ウェブサイト内で公開している全ての情報の有用性や安全性については当方は一切の保証を与えるものではありません。
利用したことによって引き起こる直接および間接的な損害に対して当方は一切責任を負うものではありません。
全て自己責任でご使用ください。

3DCGBOOK出版

BOOTHで技術書を販売利しております。







スポンサー

ページ上部へ戻る