LOD(レベル・オブ・ディテール)ってなに?

管理人がYouTubeで解説!

LOD(レベル・オブ・ディテール)ってなに?

ゲーム開発の現場でよく聞く「LOD(レベル・オブ・ディテール)」って言葉、
実はあまり授業で教わることがないんですよね。

特にアーティストの方はあまり馴染みがないかもしれません。
でも、テクニカルな部分に興味がある人なら、知っておくと役に立つかもしれませんよ!

ゲームでのLOD

ゲーム開発では、LODはゲームのパフォーマンスを向上させるために使われます。
具体的には、プレイヤーから遠くにあるオブジェクトは詳細を減らして表示し、近くにあるオブジェクトは高い詳細度で表示するんです。

これにより、ゲームはスムーズに動き続けるわけですね。
シンプルに言えば、見えにくい部分は手を抜いて、見える部分に力を入れるって感じです。

映像制作でのLOD

映像制作でもLODは使われますが、ゲームとは少し使い方が違います。
映像の場合は、視聴者の目に映る全てが重要なので、細かい調整が必要です。

例えば、大規模なシーンで群衆が映る場合、個々のキャラクターの詳細度を調整することで、
パフォーマンスを確保しつつ高品質な映像を提供できるんです。

Unreal Engine 5でのLODの作り方

最後に、Unreal Engine 5を使って実際にLODを作る方法を紹介しています。
UE5では、LODの設定が非常に簡単になっています。
まず、対象のオブジェクトを選び、LODの設定画面を開きます。
次に、各LODレベルの詳細度を調整するだけです。
これで、ゲーム内で自動的に適切なLODが適用されるようになります。

こんな感じで、LODの基本的な使い方と設定方法についてざっくりとお話ししました。
興味がある方は、ぜひ実際に試してみてくださいね!

参考書籍

関連記事

  1. 『God of War』から学ぶ”三平方の定理”

    2021-01-05

  2. DXT1?DXT5?画像圧縮の仕組みとその適切な設定方法

    2024-06-19

  3. LUTを使ったトゥーンシェーダーを作ってみよう

    2021-01-21

  4. GDC2018の講演から学ぶ『Horizon Zero Dawn』四足動物の後ろ足IK

    2021-01-04

コメントをお待ちしています。

コメント

ABOUT

テクニカルアーティストの為のまとめサイトです。

本サイトでは、『YouTube ✕ Blog』を中心に
情報発信をしていきます。

また、テクニカルアーティストとしての様々な
ライフハック記事も投稿予定です。

限定情報会員

PATREONでは、限定情報やサンプルファイルの配布も行っています。登録頂けると更新頑張れます。支援の方よろしくお願いします。


免責事項

本ウェブサイト内で公開している全ての情報の有用性や安全性については当方は一切の保証を与えるものではありません。
利用したことによって引き起こる直接および間接的な損害に対して当方は一切責任を負うものではありません。
全て自己責任でご使用ください。

3DCGBOOK出版

BOOTHで技術書を販売利しております。







スポンサー

ページ上部へ戻る