Maya Bifrostでプロシージャルリギング

Maya Bifrostを利用することで移動や回転といった情報が簡単に出せます。
この仕組みを利用することで内部の計算はBifrostに任せ、出力結果はMayaのジョイントに接続して利用することが可能です。
Bifrostに存在するノードはリグで使えるノードが数多く存在するためリガーにとっては有り難いです。

今回のテーマはノード増減が可能なカーブコンストレインを作ります。
増減可能にしているのはBifrostの部分です。
「こんなこともできるんだ!」という参考になれば幸いでございます。

管理人がYouTubeで解説

Bifrostを勉強したい方

こちら の記事を参考にしてみてください。

おすすめ書籍

関連記事

  1. eST3でリグを作ってみよう!& eST3リリース交流会参加とリガー道の振り返り。

    2024-06-15

  2. UE4.26のコントロールリグのマネキン のサンプルを解説<Forwards Solve編>

    2021-01-20

  3. Qt DesignerでサクッとGUI作っちゃおう!

    2021-06-27

  4. LOD(レベル・オブ・ディテール)ってなに?

    2024-06-01

コメントをお待ちしています。

コメント

ABOUT

テクニカルアーティストの為のまとめサイトです。

本サイトでは、『YouTube ✕ Blog』を中心に
情報発信をしていきます。

また、テクニカルアーティストとしての様々な
ライフハック記事も投稿予定です。

限定情報会員

PATREONでは、限定情報やサンプルファイルの配布も行っています。登録頂けると更新頑張れます。支援の方よろしくお願いします。


免責事項

本ウェブサイト内で公開している全ての情報の有用性や安全性については当方は一切の保証を与えるものではありません。
利用したことによって引き起こる直接および間接的な損害に対して当方は一切責任を負うものではありません。
全て自己責任でご使用ください。

3DCGBOOK出版

BOOTHで技術書を販売利しております。







スポンサー

ページ上部へ戻る