基本的なハッチングマテリアル作ってみよう!

とてつもなく久々になってしまいました…
本業が忙しくて頑張っていました。

忙しいのを言い訳にネタもなくなってきたのでネタを下さい!笑

さて、今回は基本的なハッチング表現をUE4を使って作ってみました。
YouTubeで解説してみたので是非見てみて下さいね。

Unreal Engine 4.26.1を利用しています。

管理人がYouTubeで解説!

Unreal Engine 4

UE4でSubstanceを使うには?

『Substance in Unreal Engine』プラグインを導入しましょう。
以下のリンクからダウンロードすることができますよ。
Substance in Unreal Engine:コードプラグイン – UE マーケットプレイス – Unreal Engine

ダウンロード&インストールしたらUE4のプラグインエディターで使えるようにチェックを入れましょう。

最終的なマテリアルエディターの状態

“Fresnel”を2値化するのに”Step”を利用しています。
“Step”はUE4.26から使えるようになったようです。何故、今までなかった…

Substance Designer

斜線を作るにはStripesノードが便利

今回は、Stripesという便利ノードを使いました。

Expose as new graph inputでパラメーターを公開!

パラメーターを公開するとUE4からコントロールできるようになりますよ!

マテリアルを学ぶのにおすすめ書籍

関連記事

  1. PyMELのススメ

    2020-12-21

  2. UE4のマテリアルでライフゲージを作ってみよう!

    2021-02-16

  3. UE4のコントロールリグ、Backwards Solveでアニメーションリターゲット!

    2021-10-17

  4. Megascansのマテリアルを改良しちゃおう!

    2020-11-26

コメントをお待ちしています。

コメント

ABOUT

テクニカルアーティストの為のまとめサイトです。

本サイトでは、『YouTube ✕ Blog』を中心に
情報発信をしていきます。

また、テクニカルアーティストとしての様々な
ライフハック記事も投稿予定です。

限定情報会員

PATREONでは、限定情報やサンプルファイルの配布も行っています。登録頂けると更新頑張れます。支援の方よろしくお願いします。


免責事項

本ウェブサイト内で公開している全ての情報の有用性や安全性については当方は一切の保証を与えるものではありません。
利用したことによって引き起こる直接および間接的な損害に対して当方は一切責任を負うものではありません。
全て自己責任でご使用ください。

3DCGBOOK出版

BOOTHで技術書を販売利しております。







スポンサー

ページ上部へ戻る