UE4でキャラクターのターンテーブルを超簡単に作る方法<カメラを回転編>

前回、キャラクター自体を回すターンテーブルの作り方を説明しました。
前回の記事は → UE4でキャラクターのターンテーブルを超簡単に作る方法<モデルを回転編>

今回はカメラを回してターンテーブルを作る方法を紹介します。

作り方を動画で解説

サクッと作るだけの動画です。このようなYouTubeの使い方も良いですね~。

手順もまとめたよ

1.レベルを作ってモデルを配置する

まずは、レベルとキャラクターを配置しましょう。

2.ブループリントを作成します。

Add/ImportからBlueprint Cassを作りましょう。
ActorクラスでOKです。

今回は、「BP_Camera_Rotation」という名前にしました。

3.BP_Camera_Rotation:必要なコンポーネントを追加します。


CineCameraとRotatingMovementを追加します。
CineCameraじゃなくて、普通のカメラでもOK!

4.BP_Camera_Rotation:Event Graphを作る

こんな感じで作りましょう。
「Set View Target with Blend」は指定したカメラで映してくれる便利なノードです。

これでブループリントは完成です。

5.レベルに作った『BP_Camera_Rotation』を配置して調整

レベルにBP_Camera_Rotationを配置します。

CineCameraだけ動かすにはWorld Outlinerタブから
BP_Camera_Rotationを選択して、DetailsタブでCineCameraを選択して移動させましょう。

関連記事

  1. Adobe ExtendScript Toolkit CCのインストールと接続テスト

    2021-01-11

  2. 基本的なハッチングマテリアル作ってみよう!

    2021-04-25

  3. Mayaリガー向け!UE4.26 ControlRig &Python、コントロール階層を自動で作る!

    2020-11-09

  4. UE4 Node Reference | HeightLerp

    2021-02-12

コメントをお待ちしています。

コメント

ABOUT

テクニカルアーティストの為のまとめサイトです。

本サイトでは、『YouTube ✕ Blog』を中心に
情報発信をしていきます。

また、テクニカルアーティストとしての様々な
ライフハック記事も投稿予定です。

限定情報会員

PATREONでは、限定情報やサンプルファイルの配布も行っています。登録頂けると更新頑張れます。支援の方よろしくお願いします。


免責事項

本ウェブサイト内で公開している全ての情報の有用性や安全性については当方は一切の保証を与えるものではありません。
利用したことによって引き起こる直接および間接的な損害に対して当方は一切責任を負うものではありません。
全て自己責任でご使用ください。

3DCGBOOK出版

BOOTHで技術書を販売利しております。







スポンサー

ページ上部へ戻る